最新作品情報

専属ライターによるミニシアターが楽しくなるレビュー。上映スケジュールも素早くチェック!

『彼女が目覚めるその日まで』-突然原因不明の病に侵された女性をクロエ・グレース・モレッツが熱演

「人格を奪われ、正気と狂気の間をさまよう病」―抗NMDA受容体脳炎を発症したニューヨーク・ポスト紙の女性記者、スザンナ・キャラハン。彼女の壮絶な闘病経験を綴った本をシャーリーズ・セロンらがプロデュースし、クロエ・グレース・モレッツを主演に迎えて映画化した。行き詰まった状況にありながら、決してあきらめない家族と恋人の心が希望をつなぐ。12月16日(土)より角川シネマ有楽町ほかロードショー。 © 2016 ON FIRE PRODUCTIONS INC.

>> 作品レビュー・上映館情報

(12月16日更新)

『花筐/HANAGATAMI』〜大林宣彦監督が自身を投影した、戦争と死に飲み込まれていく若者たちの葛藤と魂の物語〜

80年代を代表する青春映画の金字塔『転校生』『時をかける少女』等、数多くの作品を撮ってきた大林宣彦監督による “戦争三部作”の最終章。コマ落としや合成といった映像技術が駆使された”大林ワールド”も健在。檀一雄の同名小説をベースに、当時の若者たちが力強く生きる様を描き、美しさと泥臭さが混在した圧倒的な世界観が突きつけられる。舞台となった唐津の、幻想的な祭り風景も壮観だ。 12月16日(土)、有楽町スバル座他全国順次公開 ©唐津映画製作委員会/PSC 2017  

>> 作品レビュー・上映館情報

(12月16日更新)

『ポーランド映画祭2017』-古典的名作からアニメ、ドキュメンタリー、話題の最新作まで一挙上映

2017年11月25日(土)~12月15日(金)、恵比寿・東京写真美術館ホールにて、イエジー・スコリモフスキ監修『ポーランド映画祭2017』が開催される。6年目を迎えた今年も、充実したラインナップが揃った。 今回はポーランド派を代表する監督のひとり、イエジー・カヴァレロヴィッチの没後10年特集として、『影』『夜行列車』『尼僧ヨアンナ』『太陽の王子ファラオ』の4作品が上映される。また、幻の傑作『早春』が上映されるスコリモフスキ監督など、多彩なゲストによるトークイベントも予定されている。

>> 作品レビュー・上映館情報

(11月25日更新)

イベントレポート

映画祭、舞台挨拶、映画に関するイベントをライター独自の視点で取材。豊富な画像でお楽しみください。

【画像で楽しむイベントレポート】『第30回東京国際映画祭』レッドカーペット

2017年10月25日(水)〜11月3日(金・祝)に開催されたアジア最大の映画祭、『東京国際映画祭』。10月25日に行われたレッドカーペットの模様を、オリジナル画像満載で振り返ります。今年で第30回の節目を迎えたレッドカーペットには、今年も各国の豪華スターが登場。賑やかな映画の祭典の幕開けを華やかに彩りました。(スチール撮影:鈴木友里)

>> このイベントレポートの続きを見る

(11月04日更新)

【画像で楽しむイベントレポート】『第10回 したまちコメディ映画祭 in 台東』クロージングセレモニー― 小松政夫の名作ギャグが炸裂!

第10回したまちコメディ映画祭in台東 リスペクトライブ&クロージングセレモニー今年で第10回を迎えた『したまちコメディ映画祭 in 台東』が、2017年9月18日(月・祝)に閉幕し、最終日には「小松政夫リスペクトライブ」とクロージングセレモニーが東京・台東区の浅草公会堂にて開催された。恒例のライブでは、今年のコメディ栄誉賞に輝いた小松政夫に敬意を表し、6組の豪華なライブアクトが登場!サプライズゲストとして伊東四朗も登場し、10年の節目にふさわしい盛り上がりをみせた。当日の様子をオリジナル画像満載でレポートします!

>> このイベントレポートの続きを見る

(10月06日更新)

フォトギャラリー

数あるレポートの中から選りすぐりの画像を集めました。

『第10回したまちコメディ映画祭in台東 小松政夫リスペクトライブ』特選画像9

『第10回したまちコメディ映画祭in台東 小松政夫リスペクトライブ』特選画像9

祝!『したまちコメディ映画祭in台東』10周年!小松政夫さんへの敬意を込めて、ポカスカジャン、浅草ジンタ、ホフディラン、SCOOBIE DO、フラワーカンパニーズらが熱いステージを繰り広げたリスペクトライブもいよいよ大トリ。Gentle Forest Jazz Bandのスペシャルゲストヴォーカル として浜野謙太さんが登場すると、会場のボルテージは最高潮に!われらがハマケン、ファンキーなパフォーマンスで会場を盛り上げます!(浅草公会堂にて スチール撮影:hal)

>> このフォトギャラリーを見る

(10月22日更新)

インタビュー

ミニシアターを愛する映画人の声をお届け。

『52Hzのラヴソング』ウェイ・ダーション監督インタビュー

『海角七号 君想う、国境の南』『セデック・バレ』のウェイ・ダーション監督が6年ぶりにメガホンを執った最新作『52Hzのラヴソング』のプロモーションで来日し、ミニシアのインタビューに登場してくれました。本作はバレンタインデーの台北を舞台に、さまざまな人々の愛のカタチと出会いを描く、とびきりハッピーなミュージカル・エンタテインメント。製作現場の舞台裏やウェイ監督が作品に込めた思いなどをたっぷりと伺いました!

>> このインタビューを見る

(12月16日更新)

コラム

『ミニシアターに行こう。』独自の切り口の特別企画。ミニシアター映画作品、監督、俳優の新たな魅力が満載!

【スクリーンの女神たち】『いぬむこいり』主演・有森也実さんインタビュー

『いぬむこいり』主演・有森也実インタビュー片嶋一貴監督の最新作『いぬむこいり』のヒロインを演じる有森也実さんにインタビューしました。伝承民話「犬婿入り」をモチーフに、4章構成&4時間超えというスケールで綴る物語は、“魂の救済”という普遍的かつ根源的なテーマを辛辣な風刺とユーモア、そしてエロスを交えて描く現代絵巻物語。女優を辞めてもいいと思うほど全身全霊で役に挑んだという有森さんに、本作への思いや撮影時の様子などを伺いました。

>> このコラムの続きを見る

(05月12日更新)

【イケガールに会いたい! Vol.8】歌も演技も全力投球! とびっきりキュートな新世代歌姫☆ 吉田凜音ちゃんの巻。

今回のイケガールは、キュートなルックスと抜群の歌唱力をもつ14歳の新世代歌姫、吉田凜音ちゃんが登場してくれました! 配信ドラマ&劇場版『女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。』では、個性的なラップ少女・ノン子を演じた凜音ちゃん。撮影の裏話や札幌での中学生生活、歌手活動などについてお話を伺いました。

>> このコラムの続きを見る

(08月17日更新)

ミニシアター検索

ミニシアターのアクセス・上映作品・スケジュールをチェック!お得なキャンペーン情報も。